後ろ向きでも良いから歩くのをやめないで

就活生の皆さん、はじめまして

就職活動は上手くいってますか!?
リクルートスーツで就活生を見ると大学時代を思い出します。今は新卒で入った金融機関を辞めて、公務員になった先輩社会人です。

上手くいっている人はそのままで。
上手くいっていない人に、エール。
それは「後ろ向きでも良いから歩くのをやめないで」ということです。
私の就活の時は、リーマンショックの東日本大震災で就職氷河期真っ只中。
200社以上にエントリーし、100社以上に面接に行きました。
その時は最終面接で何度も落とされ、ナーバスになり親に当たってしまっていたほどです。
深夜までESを書きました。
そんな時、もうどうせ採用されないなら応募をやめよう、面接も行くのやめようと思いました。

あの時、とても後ろ向きでした。
それでも自分を奮い立たせ応募すること、面接に行く事だけはやりました。
志望動機なんかブレブレでした。笑
その時気がついたんです。
後ろ向きでもいいから、歩こうと。
でも後ろ向きのまま歩いたらどうなりますか?
段差に躓くかもしれないし、壁に激突するかもしれません。事故に遭うかもしれません。

そう思うとこのままではいけないと自然に人は前を向くんです。
無理矢理前向きになる必要はないです。
お祈りはとても傷つきます。
だから、後ろ向きでいいから歩くのをやめないでください。必ず前を向く時がやってきます。
それには歩みだけは止めないでください。
辛いけど応募、面接だけはやってください!

就活生の皆さん
輝く未来が待っていますよ。

ししゃものこもち
男性/29歳/埼玉県/公務員
2019-04-15 22:47
レスを書き込む
この書き込みにレスをつけるにはログインが必要です。